お知らせ

【リコー電子デバイス株式会社】がフットプリントデータの提供を開始

2017年03月07日

いつも ModuleStation をご利用いただき、ありがとうございます。
この度、リコー電子デバイス株式会社がフットプリントデータの提供を開始しましたのでご案内致します。

・リコー電子デバイス株式会社 フットプリント掲載回路モジュール一覧 (2017/3/7 掲載内容)

フットプリントデータは回路データ、部品リストと一緒にダウンロードできます。
メーカー推奨ランドの確認、ライブラリ登録、基板のフロアプラン(部品配置)検討にご活用ください。

1.提供内容
回路モジュールの主要部品(リコー電子デバイス社製IC)のフットプリントデータが提供されます。

foot1_20170307.png














フットプリントデータは、CR-5000 Components Manager、CR-8000 Components Editor、Board Viewerで利用できます。
foot2_20170307_CM.png


2.フットプリントデータの内容と特長
<今回提供のフットプリントデータの内容>
foot3_20170307.png







<特長1>ランドに部品を載せた場合のイメージを把握できます。
部品外形の投影図を表示して、ランドに部品を載せた場合のイメージを把握できます。

foot4_20170307.png







<特長2>メーカーの推奨ランドと比較しながら作業を進められます。
自社用にデータを加工・修正する場合に、メーカーの推奨ランドの写し(導体層と同じ形状)と比較しながら作業を進められます。


3.自社ライブラリへの取り込み
使用している層構成がModuleStationで使用されているものと異なる場合、
CR-5000 Components Manager /CR-8000 Components Editorのメニュー
[ツール]-[フットプリント層定義]にて、設計で使用している層構成に対応した層名称に変更してご利用下さい。

4.ビューワ
フットプリントデータはBoard Viewer(無償版)で閲覧することが可能です。
CR環境をお持ちでないお客様は、是非ダウンロードしてご活用ください。

掲載して欲しいコンテンツがございましたら、リクエストをお願いします。<リクエスト画面へ>
今後もModuleStationをよろしくお願いいたします。
ページトップ